Report
2019.05.30

わが社の絵日記(2019.5.27– 5.30)

今日は5月30日。わたしたちが日々過ごす時間の中には、ちいさな「気づき」がたくさんあります。そんなちょっとした日々の気づきを、4コマ形式でレポートします。

①ふじわら りか(えでぃたー。30さい)

せかい中で、あらそいが起きている。
あらそいは、じけんや戦争だけではない。
ちょっとしたケンカやいいあらそいもふくまれる。

なぜ、ひとはあらそうのだろう。
なぜ、じぶんが正しいとしんじこんでしまうのだろう。

ひとはみな、ふかんぜんなそんざいだ。
生きてきた道もちがうし、それぞれのありかたがあるはずだ。

だからこそ、じぶんというわくに、ひとのことをはめるのをやめようと思った。
そうすることで、へらせるあらそいもあるはずだ。

②ふじわら りか(えでぃたー。30さい)

5月29日に、かんふぁれんすがおこなわれた。

てーまは「かるちゃー」

300にんいじょうのぴーあーるぱーそんが集まった。

わたしは、かい場のあなうんすをした。
とってもきんちょうしたよ。

でも、しっぱいしてはいけないときこそ、あん心できるじょうきょうを作ることが大切だと思った。
目のまえの1もじ1もじに、いしきをしゅう中させる。

思いどおりにいかないことがおおいからこそ、じぶんにできることをやりつくす。
それが大事だと思った。

③くめい りょうた(まーけ。25さい)

ひっこしをするためにぶっけんのないけんにいったんだ。

なかなかいいところにめぐりあえなくておもうようにいかないものだなあ。

ときにはこだわりをすてるいさぎよさもひつようなんだなあ。

④くめい りょうた(まーけ。25さい)

てんじかいでぶーすをだしました。

おおきなかいじょうにたくさんのひとがきていたよ。

おとなになっても、みんなでいっちだんけつしてぜんりょくでなにかにとりくめるってすばらしいなあ。

ひとつひとつの気づきが、どんどん大きくなっていくーー。今週も、あと1日。残りの営業日数も、ちいさな気づきを大切にしていきましょう。

注目ストーリー