縁と環境が成長を生む──VMwareエキスパートへの道

物理サーバーに情報システムを格納するオンプレミス一辺倒の時代が終わり、クラウドや仮想化が当たり前になった今、SIer各社は最適なITインフラを求めてしのぎを削っている。富士ソフトにおいて急成長分野であるインフラビジネスで、VMwareソリューションを担当する阿部慎也の成長ストーリーに迫る。

引きこもり生活を変えた、観葉植物との出会い

▲自慢の観葉植物

新卒で富士ソフトに入社して3年目。阿部はインフラビジネスの中でもVMwareソリューションを展開する部署で、すでにリーダーを任されている。そこにはインフラビジネスと阿部のシンクロした成長ストーリーがあった。

阿部 「今はすごく評価していただいていますし、自分としても頑張っていますが、もともとそんな人間じゃないんです。高校を卒業した後、何もやる気がおきなくて、1年くらい引きこもり生活を送っていました……」

実家で無気力な生活を送っていた阿部を変えたきっかけは何だったのだろうか。

阿部 「時間を持て余してゲームやネットの世界で生きていたのですが、たまたま見たブログで紹介されていた観葉植物にハマって、自分でも集めるようになりました。特に多肉植物は、同じ種類でも産地や育て方で見た目が全然違ってくるので、コレクター魂に火がついてしまって……こいつらと生きていくためには働いてお金を稼がなければと」

あまり自分のことを話すのは苦手だという阿部だが、多肉植物の話になると目の輝きが変わり多弁になる。この情熱が阿部を自室から外の世界へ引きずり出したのだ。

評価と支援と機会の相乗が、成長を加速させていく

▲ソリューション事業本部 インフラ事業部 VMソリューション部 第1技術部 阿部 慎也

阿部は「どうせ働くなら手に職をつけたい」とIT系の専門学校に通い、卒業後、富士ソフトに入社した。

阿部 「富士ソフトを選んだ理由は 3つあります。 1つ目は、ちゃんと評価してもらえること。大企業だと専門学校卒と大卒で初任給に大きく差をつけられていることが多くて、入社後も冷遇されるのかなというイメージがありました。でも富士ソフトは大きい会社なのにその差があまりなかったんです。学歴で判断しない、実力や結果で評価してもらえると感じました。
2つ目は、自分で勉強して資格を取っていくことを、制度として推奨しようという社風がいいなと思いました。専門学校の授業の一環で資格をいくつか取っていたのですが、富士ソフトは会社で認定されている資格をとると基本給に資格認定給を追加する「自己啓発奨励制度」があって、エンジニアとして技術を極めていこうと思ったときに、励みになるなと。
3つ目は、富士ソフトは全国に拠点を構えていて、自分の実家がある大阪で働くこともできるかなと期待したからです。結局東京のオフィスに配属されましたが、実家にいると親に甘えてしまうので、結果的には良かったです(笑)」

ネットワークスペシャリストの資格を取得していた阿部は、入社後にインフラ事業部に配属された。

阿部 「配属されて最初に担当した仕事は、大手出版社への VDI(仮想デスクトップ)導入提案資料を作成するお手伝いでした。自分ができたのは新入社員に振れる簡単な部分だけでしたが、お客様に弊社を採用いただき、受注することができたのです。その流れでプロジェクトにも参画させてもらうことができました」

新人にして大型プロジェクト参画という幸運に巡り合う──。これも引き合い好調なインフラビジネスだからこそ。さらに学生時代に勉強したことを生かし、そのチャンスをつかみ取ったのだ。

挫折、幸運、努力

▲上司の清水 歩と

大型プロジェクトに参画した阿部は、瞬く間に活躍の場を広げていった。

阿部 「自分で言うのもなんですが、新人らしからぬ風貌と振る舞いを先輩や上司、お客様もおもしろがってくれて、かわいがってもらったと言いますか……。それに VMwareの中でも当時の最新技術を詰め込んだ仮想デスクトップ案件だったので、社内でも事例が少なく、長年使われてきた技術に比べると詳しい人が少ないんです。
だから頑張って勉強したら結構詳しい部類に入れる。『わからないことがあれば阿部に聞くといい』と言ってもらえるようになり、聞かれたことに丁寧に対応していくと評価してもらえるという好循環。とても恵まれた環境だったと思います」

すごい新人がいると評判になり、お客様とも良好な関係を築いていったが、挫折も経験する。

阿部 「開発が終わって、自分でも少し自信が出てきたころです。初めてお客様の前に立って話す機会をもらいました。導入したシステムの運用手順書を説明したのですが、緊張して全然うまく話せませんでした」

上司の清水からは「相手の立場になって考えなさい」と繰り返し言われた。

自分はお客様にどのような価値を提供できるのだろう──。

阿部は今一度自分を見つめ直した。そして、自信があることはきちんと話せるのだと気づく。その気づきからさらに人一倍勉強し、下準備をするようになった。

阿部 「何度か経験を積ませてもらって、少しずつお客様の前で話すこともできるようになりました。さらに幸運なことに、最初の大型プロジェクトの仕事を評価していただき、たとえば VDIの追加や別の基盤の仮想化、グループ会社への展開と、次の案件、また次の案件と仕事をいただくことができました」

インフラビジネスをリードする存在へ

▲テスト用のサーバーの前で

導入作業のためにお客様のもとへ何日か出張することや、深夜に対応しなければいけないことも多い。しかし、そんな不規則な業務も、阿部は自分に合っていると感じている。

阿部 「富士ソフトは、フレックスや在宅勤務などの制度も充実しています。しかも制度があるだけじゃなくて、変な気を使わずに自分で業務の状況を考えて勤務時間を調整できるのがいいところ。確かに不規則な部分はありますが、自分でバランスをとってうまくやれていると思います」

富士ソフトが手がけるあらゆるシステム開発の先には、必ずそのシステムを載せる環境、インフラが必要となる。インフラ構築からシステム開発、さらに運用・保守まで一貫して行えることは、富士ソフトの強みのひとつであり、受託開発と相乗効果がある重要なビジネスなのだ。

阿部 「私が担当しているのは VMwareソリューションですが、独立系 SIerとしてお客様のニーズに合わせて、最適なベンダーやサービスを提案できるのも会社としての強みだと思います」

そんな阿部はいつか、VMwareの最上位の認定資格であるVCDX(VMware Certified Design Expert)を取得したいと考えている。彼は今後も加速度を上げて成長し、そう遠くない将来に富士ソフトのインフラビジネスをリードしていく存在になるだろう。

関連ストーリー

注目ストーリー